2016年07月07日

2Aデザイン基礎「建築イメージの立体構成」発表と展示

第2課題「建築をイメージした立体構成」では、ケント紙で3−6個の立体をつくり、その組み合わせで建築をイメージします。
イメージした建築に合わせて、素材感や色の表現、窓や敷地の地面の表現もして、仕上げます。
縮尺1/200の添景(人や樹木)も配って、スケール感をイメージします。大きなものはスカイツリーよりも大きなタワーや、美術館や図書館、アクアリウム、オフィスビルや森の豪邸など。。イメージがふくらみます。
それぞれに形や組み合わせ方などの工夫がみてとれます。来週の保護者懇談会まで2F物理実験室前に展示していますので、ぜひご覧ください。
IMG_6992.jpgIMG_6991.JPGIMG_6995.jpg
posted by 建築学科 at 11:11 | 学生の日常
独立行政法人 国立高等専門学校機構 国立米子工業高等専門学校

このページに掲載している記事・画像の無断転用を禁止します。 Copyright Yonago National College of Technology all right reserved.